未分類

最終的に支払いが増えて大損したなどというウワサも

/

給料を差し押さえされている間に当該債権者(差押えをしている側)を対象とした債務整理をすれば、手続きを開始した時点で差押えはすんなり解除されるものと思いがちですが、例外はあります。

裁判所を通さない任意整理を行った場合は強制執行(差押え)を止めるという決まりはないので、当分は給与を差し押さえられた状態が続くでしょう。
和解交渉を急いで行い、強制執行を止めてもらわないと身動きがとれなくなってしまいます。受任通知の宛先として銀行を含む債務整理をすると、本人名義の口座がそこにあればおそらく凍結されるでしょう。凍結する理由は単純で、資産があるときに銀行への債務を相殺できるからです。
けれども資産を失うかわりに債務が免責になる自己破産などの場合は、同じ預金でも残高が20万円を超えない範囲は法的に本人のものとして残しても良いことになっているので、原則的に20万円のリミットを超えた場合だけが借金返済に回されます。当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。そのため、婚約者がいる状態だとしても制限はありません。債務整理をしたからといって、婚約者や家族が返済義務を負う可能性は一切ありませんから心配は無用です。けれども、これは法律上の話ですから、婚約者がどう思うかは分かりません。きちんと事実を相手に話し、婚姻関係を結ぶようにしてください。

自営業の人が個人再生で債務整理をした時に、まだ手元にない売掛金が残っていたら、財産として扱われます。
例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、個人再生で債務を整理した結果、借金の総額を5分の1の200万円にすることが可能です。しかし、たとえば売掛金が100万円あったら、この売掛金の5分の1である20万円が返済額に加算され、合計220万円の債務となります。

債務整理を行っても生命保険を解約しなくても良いことがあるのです。任意の整理をしても生命保険をやめる必要はありません。
注意する必要が生じるのは自己破産の時です。自己破産をする際には生命保険の解約を裁判所から命じられる時があります。

5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、数百万の借金を抱えたことがあります。

勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。

もちろん再就職を目指しましたが、どこも採用されず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。少し経ってから就職先が見つかりましたが、それまでの借金の返済が苦しく、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。

今現在は完済し、安定した生活を送っています。

過去の返済時に過払い金が発生していた場合は、債務整理の必要がなくなるかもしれません。この過払い金とは、つまり業者に返済し過ぎた利息のことです。

最近まで罰則がないという理由で違法な高金利でサービスをしていた業者が多かったので、利用者は高い利息をつけて返済していました。

これが過払い金と呼ばれるものです。
発生していた過払い金を返還してもらえば、債務の負担が減らせる可能性があります。支払いが滞ることで発生した遅延損害金や元々の金利などは、実際にその債務整理を請け負う司法書士や弁護士が債権者あてに「債務整理手続きを行います」という内容の書類を発送すると、貸金会社や債権回収会社にそれが到着した日から加算されなくなります。

けれども返済をやめてからその時点までの遅延損害金がかなり膨らんでいることもしばしばです。
任意整理でしたら和解に向けた交渉をする中で、そのあたりも減額対象に含めてもらうよう要請していきます。
裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、すべての借入先を整理対象としますが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで交渉を行うことになっているので、3件あれば3件とも対象にすることもできますが、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して交渉対象としていきます。

とはいえ交渉そのものは任意となっているので、債権者側が任意整理の申し出に応じなければ、減額できないこともあるのです。
債務整理の中でも、任意整理の際は無関係であり、個人再生の際は基準が緩いので、大した問題とはならないものの、債務整理の方法に自己破産を選んだ場合は、財産隠しは最もやってはいけない事の一つです。法律で破産申立の時にどれくらい現金と資産を持つことができるかは定められた上限があります。基準を超えた分は処分しなければいけないのですが、万一、隠していたという事実が明るみになれば免責が認められないことはもちろん詐欺罪の容疑をかけられる事も考えられます。

もし、任意整理をしたとしても、デメリットなんてあまりないと思われる方もいると思いますが、実際にはちゃんとあるのを承知していますでしょうか。
それというのは、官報に掲載されるということなのです。噛み砕いて言うと、他に人に知られてしまう可能性があります。これこそが任意整理最大のデメリットだという風に言えるかもしれません。債務を整理したことは、勤め先に黙っておきたいものです。職場に連絡が入ることはないので、気づかれないでいることはできます。しかし、官報に載ってしまうこともあるので、見ている方がいれば、気付かれる可能性もあります。原則として奨学金の借り入れをする時は親が連帯保証人で親族が保証人になるケースが多いですが、過去に何らかの債務整理を行った人が保証人になろうとすると、奨学生本人に落ち度がなくても、審査に通らない可能性があります。

親族が高齢で保証人を頼めないというケースもありますし、事情があるのなら日本国際教育支援協会などの保証機関を利用すると、連帯保証人や保証人を頼まなくても奨学金の貸与を受けることが可能になります。
月々の奨学金から保証料は分割で差し引かれるので振込額は若干減ります。

大抵、債務整理イコールブラックリスト入りという通説があるようですが、過払い金請求なら、唯一ブラックにならずに債務整理が可能です。

本当は払う必要のなかった利息を返還してもらうだけに過ぎないので、それによって完済できたなら事故ではないだろうという事なのです。
ですが、たとえ過払い金があろうが金利を引き直した結果としてまだ債務の残りがあれば、ブラック入りは避けられません。実際に債務整理を行う人の中には、精神的な問題、特にうつ病を患ったせいで借金が膨らんでしまったということも多いようです。

たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ多重債務者になっていたということは、誰だって言いたくはありません。

でも、そのせいで孤独に悩むという人が後を絶ちません。

ですから、うつ病を発症したり、悪化したりすることも多いようです。
借金の返済していると延長ができたらいいな